コラーゲンの副作用と効果・効能

コラーゲンの副作用と効果・効能

コラーゲンの副作用と効果・効能

 

コラーゲンとは

 

コラーゲンといえば、健康や美容で有名ですが、
何よりも人体の生命活動に必要不可欠なものであるといえます。

 

 

また、体内生産されるコラーゲン量は、20歳を過ぎた頃から減少していきます。

 

 

すると、コラーゲン不足により、皮膚のたるみやシワ、白髪、抜け毛、
高血圧、骨粗しょう症、関節炎、動脈硬化の原因となります。

 

 

それだけコラーゲンは人間の身体にとって、不可欠な成分なのです。

 

 

コラーゲンは、食品でも取り入れいることができます。

 

 

特に、牛すじ、鳥皮、鳥なんこつ、豚足、
うなぎ、フカヒレなどにコラーゲンが多く含まれています。

 

詳しくは、「コラーゲンとは」へ

 

 

コラーゲンの副作用

 

コラーゲン副作用はあるのでしょうか?

 

 

コラーゲンはタンパク質の一種で、特に副作用は確認されていません。

 

 

ただし、摂取するコラーゲンの種類や摂取量によって、
不快な症状が出る可能性があります。

 

 

◆アレルギー反応
基本的に食品アレルギーのある方は、
コラーゲンの原料を確認してから摂取する必要があります。

 

また、アレルギーはコラーゲンそのものだけでなく、
コラーゲン以外の添加剤として使われている成分で起こる場合もあります。

 

それ以外にも、タンパク質系の成分に反応する人は
アレルギーの恐れがありますので注意が必要です。

 

 

◆ニキビ・吹き出物・疱疹
コラーゲンを一気に大量摂取すると、体の反応が間に合わず、
細胞がびっくりして、ニキビ、吹き出物、疱疹が出ることがあります。

 

 

◆コラーゲンの品質
コラーゲンは、タンパク質なので、加工方法次第では、
本来望んでいるコラーゲンの状態が変質してしまう可能性があります。

 

変質してしまったコラーゲンを摂取すると、
免疫力の低下やアレルギーの原因にもなります。

 

詳しくは、「コラーゲンの副作用」へ

 

 

コラーゲンの効果・効能

 

コラーゲンの効果効能は以下の通りになります。

 

◆コラーゲンの効果・効能
・美肌
・血圧の安定化
・骨粗しょう症の予防や改善
・毛穴、ニキビの改善
・アンチエイジング
・関節の痛み、足腰の痛み、しびれや麻痺の改善
・美容、美肌効果
・視力の改善
・安眠、快眠
・アトピー、アレルギーの改善
・四十肩、五十肩の改善
・ドライアイの改善
・生理周期の改善

 

詳しくは、「コラーゲンの効果・効能」へ