コラーゲン化粧品で若返り

コラーゲンと化粧品

コラーゲン配合の化粧品はとても人気があります。

 

 

化粧品にコラーゲンが配合されていることで
どのような効果が期待できるのでしょうか?

 

 

人間の皮膚は、表皮・真皮・皮下組織の3層に分かれています。

 

 

そのうち95%を真皮が占め、
その真皮の約70%がコラーゲンといわれています。

 

 

真皮のコラーゲンは、表皮のハリや弾力、潤いを保つ大事な成分です。。

 

 

しかし、コラーゲンは紫外線によるダメージや
ストレス、生活習慣、加齢により生成されにくくなってしまいます。

 

 

コラーゲンの少ない肌は、弾力や潤いを失い、
シワやたるみ、くすみ、乾燥肌の原因になります。

 

 

また、コラーゲン不足はターンオーバー乱れの原因になります。

 

 

そのため、コラーゲンを補給し、肌の水分量を保つ必要があります。

 

 

このときに取り入れたいものがコラーゲンですが、
食事やサプリで内側から、そして外側からは、
コラーゲン配合の化粧品を利用しましょう。

 

 

化粧品におけるコラーゲンの一番の効果は「保湿」です。

 

 

コラーゲン配合の化粧品を使うと
皮膚にコラーゲンを補給できると思われがちですが、
コラーゲンは真皮層まで届きません。

 

 

なぜなら、真皮の上の層で、
皮膚の表面である角質層がバリアのような働きをしていて、
高分子のコラーゲンは角質層を通ることができないからです。

 

 

そのため、コラーゲン配合の化粧品で
期待できる効果は角質層における「保湿」なのです。

 

 

それでは意味がないんじゃないかと思う方もいると思いますが、
コラーゲン化粧品はまったく効果がないのかというとそうではありません。

 

 

最近の研究では、コラーゲンを肌に塗る事によって、
肌のコラーゲンの増殖を促進している可能性があると考えられています。

 

 

また、コラーゲンには水分子を吸着・保持する性質があるため、
肌表面に潤いを与え、乾燥肌の改善や、肌のバリア機能の向上の効果があります。

 

 

肌の保水力をアップし、バリア機能が向上すると
肌のダメージの原因である紫外線から肌を守ることができます。

 

 

また、乾燥からくるシワの改善効果が期待できます。

 

 

また、コラーゲン化粧品は常に研究されており、
人間の肌に含まれているコラーゲンと同じ構造をもったコラーゲンの開発や、
吸収率が高いコラーゲンの開発もされてきています。