コラーゲンって何なの

コラーゲンとは

 

コラーゲンとは、タンパク質の一種で、
皮膚や筋肉・内臓・骨・関節など全身に含まれており、
細胞同士を繋ぐ働きをしています。

 

 

タンパク質は、多くの食品にも含まれる栄養素であり、
アミノ酸が結合してできたものです。

 

 

そのアミノ酸には基本的に必須アミノ酸と
非必須アミノ酸が存在し、数種類のタンパク質が生成されます。

 

 

コラーゲンは、有名なタンパク質の一種であり、
約10万種ある体内のタンパク質のうちの、約30%はコラーゲンが占めています。

 

 

それだけ人体にとって重要な成分なのです。

 

 

また、全コラーゲン量の40%は皮膚に、
20%は骨や軟骨に含まれており、血管や内臓なども含まれています。

 

 

コラーゲンは細胞同士を結び付ける働きがあり
骨や軟骨、皮膚、内臓の内側の支持組織と呼ばれる組織に存在します。

 

 

また、細胞や組織を結びつけたり、
酸素や栄養を供給して老廃物を排出します。

 

 

また、皮膚や腱などの特定の部分では、
コラーゲン同士が強固に結びついて、コラーゲン線維が形成されています。

 

 

その他、コラーゲンは、細胞自体の細胞分裂に不可欠な成分です。

 

 

コラーゲンといえば、健康や美容で有名ですが、
何よりも人体の生命活動に必要不可欠なものであるといえます。

 

 

また、体内のコラーゲン量は、20歳を過ぎた頃から、
体内生産されるコラーゲン量が減少していきます。

 

 

すると、皮膚のたるみやシワ、白髪、抜け毛、
高血圧、骨粗しょう症、関節炎、動脈硬化の原因となります。

 

 

それだけコラーゲンは人間の身体にとって
不可欠なタンパク質なのです。

 

 

コラーゲンは、牛すじ、鳥皮、
鳥なんこつ、豚足、うなぎ、フカヒレなどに多く含まれています。

 

 

しかし、コラーゲンの含まれている食品には
脂質が多く含まれているため、カロリーオーバーしやすのが難点です。

 

 

そのため、サプリメントでの摂取がいいでしょう。

 

 

特に、低分子化されたコラーゲンが理想的です。

 

 

◆コラーゲンはこんな方におすすめ

 

・高血圧の改善
・関節痛がある
・しみ、そばかすが気になる
・肌のハリや弾力に不安のある
・骨粗しょう症の予防
・動脈硬化の予防
・白髪・脱毛の予防