コラーゲンの種類って何

コラーゲンの種類

コラーゲンは、現在、約30種類の異なるポリペプチド鎖の組み合わせにより、
T型、U型というように19種類の型が存在しています。

 

 

中でも、美容や健康に効果的なコラーゲンとして
「1型」と「2型」のコラーゲンがあります。

 

 

体の多く存在するのが「1型」のコラーゲンです。

 

 

「1型」のコラーゲンは主に肌や内蔵、血管、骨にあり、
組織や器官を正常に保ちます。

 

 

「1型」のコラーゲンは、皮膚のコラーゲンの90%を占めます

 

 

美肌や健康の為には、「1型」のコラーゲンを積極的に摂取しましょう。

 

 

ちなみに、サプリメントとして多く出回っているのは「1型」のコラーゲンです。

 

 

この「1型」のコラーゲンと少し違う働きを持っているのが「2型」のコラーゲンです。

 

 

「2型」のコラーゲンは、軟骨を形成するコラーゲンです。

 

 

この「2型」のコラーゲンを構成するアミノ酸には、
水分が多く含まれていることがわかっています。

 

 

この「2型」のコラーゲンは、年齢を経ると減少していきます。

 

 

そうすると、軟骨の摩耗の原因となり、
各関節の関節痛を引き起こしてしまいます。

 

 

また、サプリメントで活性「2型」のコラーゲンもあります。

 

 

これは、特殊な加工により、
コラーゲンの性質を変質させないようにしています。

 

 

そうすることで、コラーゲンをそのままの状態で体に取り込むことができ、
すばやく関節に届けることができます。

 

 

そのため、関節痛を治したい方は、
「2型」のコラーゲンの中でも、「活性2型」のコラーゲンを摂取しましょう。

 

 

◆各型のコラーゲンの役割

 

・I型コラーゲン
体内に最も大量に存在するコラーゲンで
骨や皮膚を形成、弾力性を持たせる働きがある。

 

・II型コラーゲン
関節・軟骨に主に含まれているコラーゲンで
眼の角膜、硝子体の成分でもある。

 

・III型コラーゲン
臓器に主に含まれているコラーゲンで細い線維で、組織に柔軟性を与える。

 

・IV型コラーゲン
皮膚の表皮と真皮をつなぎとめる働きがある。

 

・V型コラーゲン
血管、平滑筋、胎盤に主に含まれている。