コラーゲンの効果・効能

コラーゲンの効果・効能

コラーゲンには、様々な効果効能があります。

 

コラーゲンは、タンパク質の一種であり、
約10万種ある体内のタンパク質のうちの、約30%はコラーゲンが占めており、
皮膚や筋肉・内臓・骨・関節など全身に含まれ、細胞同士を繋ぐ働きをしています。

 

 

コラーゲンといえば、健康や美容にはもちろんですが、
何よりも人体の生命活動に必要不可欠なものであるといえます。

 

 

また、体内生産されるコラーゲン量は、20歳を過ぎた頃から減少していきます。

 

 

すると、皮膚のたるみやシワ、白髪、抜け毛、
高血圧、骨粗しょう症、関節炎、動脈硬化などの原因となります。

 

 

それほど、コラーゲンは人間の身体にとって不可欠な成分なのです。

 

 

◆コラーゲンと美肌

 

コラーゲンを十分に補給すれば、真皮の弾力と潤いが増し、
弾力のある肌が保たれると肌が持ち上げられ、シワやたるみも改善できます。

 

そのうえ、目元のシワや口元のほうれい線も目立ちにくくなります。

 

また、コラーゲンには、肌の新陳代謝を高める力もあり、
ターンオーバーを活性化させる働きもあります。

 

 

◆コラーゲンと血圧

 

コラーゲンの大部分がコラーゲンでできています。

 

コラーゲンが不足すると、柔軟性がなくなり、
硬い血管になってしまうため、血圧が上がる原因となります。。

 

コラーゲンを摂取することで、血管の硬質化を予防、
改善することで、血圧を安定させる効果・効能があります。

 

血圧が安定するということは、
心筋梗塞や脳卒中、心不全の予防にもなります。

 

 

◆コラーゲンと骨粗しょう症

 

コラーゲンは、骨の強化に欠かせない成分で、
骨の柔軟性、つまりは折れにくい骨を作るためには必要です。

 

コラーゲンが不足すると、骨密度の低下だけでなく、
骨の柔軟性の低下による、骨折のリスクが急激に高まります。

 

つまりは、コラーゲンを摂取することで、骨粗しょう症の予防や改善になります。

 

 

◆その他のコラーゲンの効果・効能

 

・シミ、シワ、たるみの改善
・毛穴、ニキビの改善
・アンチエイジング
・骨密度増加、骨粗鬆症の改善
・関節の痛み、足腰の痛み、しびれや麻痺の改善
・美容、美肌効果
・視力の改善
・安眠、快眠
・血圧の安定
・アトピー、アレルギーの改善
・四十肩、五十肩の改善
・ドライアイの改善
・生理周期の改善

 

 

以上のように、コラーゲンには、様々な効果・効能があります。

 

 

コラーゲンは新陳代謝によって日々消費されるため、毎日摂取することが重要です。

 

 

コラーゲンは摂取すればするほどいいものではなく、
効率的に効果・効能を得るためには、摂取量を守って摂取することが重要となります。