コラーゲンの効果・効能はスゴイ

コラーゲンの効果・効能

コラーゲンには、様々な効果効能があります。

 

コラーゲンは、タンパク質の一種で、
皮膚や筋肉・内臓・骨・関節など全身に含まれており、
細胞同士を繋ぐ働きをしています。

 

 

コラーゲンは、タンパク質の一種であり、
約10万種ある体内のタンパク質のうちの、
約30%はコラーゲンが占めています。

 

 

コラーゲンといえば、健康や美容で有名ですが、
何よりも人体の生命活動に必要不可欠なものであるといえます。

 

 

また、体内のコラーゲン量は、20歳を過ぎた頃から、
体内生産されるコラーゲン量が減少していきます。

 

 

すると、皮膚のたるみやシワ、白髪、抜け毛、
高血圧、骨粗しょう症、関節炎、動脈硬化の原因となります。

 

 

それだけコラーゲンは人間の身体にとって
不可欠なタンパク質なのです。

 

 

また、全コラーゲン量の40%は皮膚に、
20%は骨や軟骨に含まれており、血管や内臓なども含まれています。

 

 

コラーゲンの効果・効能をみてみましょう。

 

 

◆コラーゲンの効果・効能

 

・シミ、シワ、たるみの改善
・毛穴、ニキビの改善
・アンチエイジング
・骨密度増加、骨粗鬆症の改善
・関節の痛み、足腰の痛み、しびれや麻痺の改善
・美容、美肌効果
・視力の改善
・安眠、快眠
・血圧の安定
・アトピー、アレルギーの改善
・四十肩、五十肩の改善
・ドライアイの改善
・生理周期の改善

 

 

以上のように、コラーゲンには、様々な効果・効能があります。

 

 

コラーゲンは新陳代謝によって日々消費されるため、
毎日、継続して摂取することが重要です。

 

 

コラーゲンは摂取すればするほどいいものではなく、
また、コラーゲンの効果・効能を得るためには、
摂取量を守って摂取することが重要となります。

 

 

摂取するコラーゲンの種類や摂取量によって、
体にとって不快な症状が出る可能性があります。

 

 

また、食品でコラーゲンを摂取する場合、
脂肪分が高いものが多いため肥満の原因にもなりますので、
摂取方法や摂取量には気をつけましょう。