コラーゲンの注射の安全性

コラーゲンの注射

コラーゲンの摂取方法として、コラーゲン注射があります。

 

 

最近、お肌にハリがなくなってきとか、目元のシワがどうしても消えないとか
口元にほうれい線が気になるなど、加齢とともに悩みはどんどん増えてきます。

 

 

特に女性ならいつまでも若々しくいたいと思うのが当たり前です。

 

 

そんなお時に効果的なのはコラーゲンですが、
通常の摂取方法では、効果が出るまで時間がかかるのが現状です。

 

 

そこで今、コラーゲン注射によってコラーゲンを直接吸収させる方法が広まっています。

 

 

ラーゲン注射とは「表皮の内側」にコラーゲンを直接注入して吸収させる施術です。

 

 

コラーゲンのサプリメントや食事での摂取では、
「腸から吸収→肝臓を経由→肌や骨へ」と体のあらゆる部分へ運ばれます。

 

 

つまり、思った部分に運ばれません。

 

 

ところが、コラーゲン注射であれば、改善したい部分へ直接届けることができます。

 

 

そのため、非常に即効性があり、すぐに効果を実感できます。

 

 

また、コラーゲンの効果も長く続き、半年〜1年半くらい持続します。

 

 

◆コラーゲン注射で解消できる悩み
・ほうれい線
・上まぶたのくぼみ
・三重まぶた
・目の下のくま
・しわ

 

◆コラーゲン注射で解消できない悩み
・顔のたるみ
・若返り
・スキンケア

 

 

ただ、メリットばかりではなく、ある程度のリスクも伴うので注意が必要です。

 

 

注入した部位がビーズ状に膨らむ事や、
注射針の影響で毛細血管が傷つき内出血したりします。

 

 

また、注射後の衛生上問題などで
細菌感染する場合や皮膚に膿が溜まる場合があります。

 

 

また、コラーゲン注射で使用する薬剤には、
牛由来とヒト由来の2種類があります。

 

 

ただし、牛由来では、約3%程度の人は
アレルギー反応を示すという問題点があります。

 

 

それに対して、ヒト由来の薬剤は、
アレルギー反応が起こらないようにしています。

 

 

どちらのコラーゲン注射を利用する場合でも、
安全性を確認した上で利用しましょう。