コラーゲンとヒアルロン酸は相性抜群

コラーゲンと相乗効果成分

コラーゲンは、ヒアルロン酸と併せて摂取することで、
さらなる相乗効果が期待できます。

 

 

ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で、
1gのヒアルロン酸で約2〜6リットルもの水分を保持できます。

 

 

ヒアルロン酸は、元々、体内に多く存在している成分で、
特に皮膚や関節、眼球などに多く含まれています。

 

 

皮膚や関節のヒアルロン酸は、
だいたい25歳くらいがピークで、加齢とともに減り続けます。

 

 

特に40歳代後半からは、ヒアルロン酸の減少が加速されます。

 

 

若いうちは健康的な肌や軟骨の健康を
保つことができるのですが、加齢とともにヒアルロン酸が減少し、
肌の老化や関節痛などの原因となります。

 

 

ヒアルロン酸は、食事ではとりにくい成分で
特に魚の目玉や鳥のトサカに多く含まれます。

 

 

◆コラーゲンとヒアルロン酸の相乗効果

 

コラーゲンとヒアルロン酸を併用すると
相乗効果が期待できます。

 

 

コラーゲンは真皮部分に格子状の網目のようになっていて
肌の成分をしっかり囲い込む働きを持っています。

 

 

その網目の間に、ヒアルロン酸があり
肌の保湿力や弾性力を保つことができるのです。

 

つまり、どんなにヒアルロン酸を摂取しても
コラーゲンが不足していたら相乗効果は見込めません。

 

 

ヒアルロン酸は先程も述べたとおり
1gのヒアルロン酸で約2〜6リットルもの水分を保持できます。

 

 

ヒアルロン酸のその保湿力と、コラーゲンの肌を支える力を合わせることが、
肌の保湿力をアップするためにとっても必要なことだったのです。

 

 

すると、美白効果やシミ、シワ、たるみの改善に役立ちます。

 

 

また、ヒアルロン酸とコラーゲンを併用は、
肌自体のの新陳代謝を活性化させることができます。

 

 

ヒアルロン酸とコラーゲンの組み合わせは、
軟骨にもよく、関節痛の改善にも効果が期待できます。

 

 

軟骨を構成しているのは、
ヒアルロン酸、コラーゲン、コンドロイチン、水分なのです。

 

 

そのため、ヒアルロン酸とコラーゲンを単体で摂取するよりも、
あわせて摂取したほうが、より関節痛や軟骨の改善に役立ちます。