コラーゲンの副作用

コラーゲンの副作用

コラーゲン副作用はあるのでしょうか?

 

 

コラーゲンはタンパク質の一種で、特に副作用は確認されていません。

 

 

ただし、摂取するコラーゲンの種類や摂取量によって、
不快な症状が出る可能性があります。

 

 

◆アレルギー反応
基本的に食品アレルギーのある方は、
コラーゲンの原料を確認してから摂取する必要があります。

 

サプリメントとして出回っているコラーゲンの大半は、
豚か魚を原材料としており、安全性が確認されています。

 

特に豚や牛から摂取した動物性コラーゲンは、
比較的アレルギー症状が起こりやすいといわれています。

 

牛を原料としたコラーゲンは、近年の狂牛病の問題などで、
サプリメントなどの健康食品では使用が制限されています。

 

一方、海洋性コラーゲンは動物性コラーゲンに比べると
アレルギーの原因となる成分が少ないといわれています。

 

そのため、アレルギーが心配な方は、海洋性のコラーゲンを利用しましょう。

 

また、アレルギーはコラーゲンそのものだけでなく、
コラーゲン以外の添加剤として使われている成分で起こる場合もあります。

 

特にコラーゲン以外の成分が配合されている場合は、
成分表を確認してから飲み始めるようにしましょう。

 

それ以外にも、タンパク質系の成分に反応する人は
アレルギーの恐れがありますので注意が必要です。

 

特に気をつけたいのが慢性腎臓病などで、タンパク質摂取の制限をしている方です。

 

コラーゲンは、タンパク質の一種なので、
腎臓疾患のある方は必ず事前に医師に相談するようにしてください。

 

 

◆ニキビ・吹き出物・疱疹
コラーゲンを一気に大量摂取すると、体の反応が間に合わず、
細胞がびっくりして、ニキビ、吹き出物、疱疹が出ることがあります。

 

本来、体は常に恒常性を保っています。

 

そこに、普段とは違う成分が急激に増えると、
細胞が反応してしまい、一定の症状が出てしまいます。

 

基本的に、体の反応は数日で治るものですが、
不快な症状が出た場合は、コラーゲンの摂取を停止したほうがいいでしょう。

 

対処法としては、コラーゲンを急に大量には飲まず、
少しずつ増やしていくようにすれば問題ありません。

 

 

◆コラーゲンの品質
コラーゲンは、タンパク質なので、加工方法次第では、
本来望んでいるコラーゲンの状態が変質してしまう可能性があります。

 

品質の良いコラーゲンサプリは、 変質しないように加工、製造されています。

 

そのため、未加工のコラーゲンサプリメントよりは価格はちょっと高めです。

 

しかし、中には加工方法が雑で、品質の悪いコラーゲン製品も多く販売されています。

 

変質してしまったコラーゲンは、 体内でうまく分解、
吸収できませんので、 体内に蓄積されていってしまいます。

 

こうなると、免疫力の低下やアレルギーの原因にもなります。