コラーゲンはビタミンCでパワーアップ

コラーゲン,ビタミンC

コラーゲンは、ビタミンCと併せて摂取することで、
さらなる相乗効果が期待できます。

 

 

ビタミンCとは水溶性ビタミンの中で、最も重要なビタミンの一つです。

 

 

ビタミンCはコラーゲンの生成を促進し
肌や爪をキレイに保つ効果・効能があります。

 

 

また、免疫力を強くして病気にかかりにくい体を作ることができます。

 

 

その他、コレステロールを下げたり、
ガンの予防、アレルギーの緩和、肝臓の強化等
様々な効果・効能がビタミンCにはあります。

 

 

◆コラーゲンとビタミンCの相乗効果

 

コラーゲンとビタミンCは切っても切れない関係です。

 

 

ビタミンCが不足すると、皮膚の繊維組織をつくる
ヒドロキシプロリンという成分が働かなくなります。

 

 

すると、つくられるはずであったコラーゲンの生成機能が不安定になり、
コラーゲンが生成されにくくなります。

 

 

このヒドロキシプロリンがつくり出されるためには、
ビタミンCを十分に摂取して、酵素を活発化させる必要があります。

 

 

ということは、コラーゲンの生成には、ビタミンCは不可欠といえます。

 

 

また、ビタミンCには、メラニン色素を減少させ、
シミやソバカスなどの色素沈着を防ぐ効果があります。

 

 

そのため、肌の美白効果も期待でき、
女性の美を保つために欠かせないものです。

 

 

そのため、普段から十分なビタミンCを摂取しましょう。

 

 

コラーゲンとビタミンCの摂取タイミングは
睡眠の1〜2時間前に摂取するのが効果的です。

 

 

睡眠直後は成長ホルモンの分泌がされることから、
睡眠中に特に体の修復や調整がされます。

 

 

成長ホルモンは若返りホルモンと呼ばれ、
十分に分泌されると、シワが出来にくい体になります。

 

 

その修復や調整のタイミングにあわせて、
ビタミンCとコラーゲンを摂取するようにしましょう。

 

 

ビタミンC量は一日あたり100mg〜10000mg摂取しましょう。

 

 

コラーゲンは低分子のものであれば
1日あたり最低限2gで十分ほど摂取しましょう。