コラーゲンの摂取量ってどれくらい

コラーゲンの摂取量

コラーゲン摂取量はどれくらい必要なのでしょう。

 

様々なコラーゲン製品があり、中にはコラーゲン「何万mg配合」というものまであります。

 

目的や摂取する分子量によってもコラーゲンの摂取量は様々です。

 

 

◆コラーゲンの一般的な摂取量

 

コラーゲンは大人の場合、1日に2g程度が消費されています。

 

そのため、最低でも1日に2gの摂取料が必要とされます。

 

これはあくまで、体内の機能を維持するための最低限の量です。

 

美容のためにコラーゲンを摂取するのならば、
1日に約10g〜15gのコラーゲンの摂取量が必要となります。

 

 

◆コラーゲンの種類による摂取量

 

主に摂取しているコラーゲンとして、「1型」と「2型」のコラーゲンがあります。

 

「1型」のコラーゲンの摂取量は
体内の機能を維持のために、最低限1日に2g程度です

 

美容のためならば、1日に約10g〜15gの摂取量が必要となります。

 

関節痛の緩和としての「2型」のコラーゲンの摂取量は、
非変性U型コラーゲンとして10mg程で十分です。

 

 

◆コラーゲンの分子量の違いによる摂取量

 

コラーゲンの摂取量は、コラーゲンペプチドの
分子量の大きさにより摂取量がかわります。

 

動物性の中でも豚由来コラーゲンペプチドには
ヒドロキシプロリンが海洋性コラーゲンの2倍近く含まれています。

 

このヒドロキシプロリンを含むペプチドが
コラーゲンの働きを効率的にしていることから、
豚由来コラーゲンペプチドの方が少量でも効果的なのです。

 

また、アミノ酸が2つ結合したジペプチドや
3つ結合したトリペプチドの状態の方が、
通常のペプチドの摂取量の半分でも効果があります。

 

豚由来コラーゲンジペプチド、トリペプチド→2g
豚由来コラーゲンペプチド→4g、

 

海洋性コラーゲンコラーゲンジペプチド、トリペプチド→4g、
海洋性コラーゲンコラーゲンペプチド→8g

 

 

また、コラーゲンは新陳代謝によって日々消費されるため、
毎日、継続して摂取することが重要です。

 

 

ちなみにコラーゲンの摂取量については、
特に上限が決められているわけではありませんので、
多めに摂取しても安全だと言われています。

 

 

ただし、摂取するコラーゲンの種類や摂取量によって、
体にとって不快な症状が出る可能性がありますので、摂取量は守りましょう。