コラーゲンの摂取方法ってどれくない

コラーゲンの摂取方法

コラーゲンは、どのような摂取方法がよいのでしょう。

 

 

コラーゲンの摂取方法として、
食事、サプリメント、注射など色々な摂取方法があります。

 

 

◆食事からのコラーゲン摂取方法
などなど、コラーゲンが入っている食品はたくさんあります。

 

ただし、いくらコラーゲンが含まれているからといって、
一度にたくさん摂ることはオススメしません。

 

なぜなら、コラーゲンは継続的に摂取していくことが
美肌や健康の効果が得られやすいからです。

 

また、食品でコラーゲンを摂取する場合、
脂質を多く含む食品が多いので注意が必要です。

 

そのため、食品からコラーゲンを摂取するならば、
毎日、少しづつ摂取するしかありません。

 

ちなみに、食品から摂取できるコラーゲンは、
サプリメントと違い、低分子ペプチド化していない為、
コラーゲンの吸収はよくありません。

 

 

◆サプリメントからのコラーゲン摂取方法
コラーゲンを食事から摂取を継続することは大変です。

 

しかも、コラーゲンが豊富な食材は、
高カロリーのものが多いので、
食事のみで摂取する方法は健康的とはいえません。

 

サプリメントでの摂取方法のメリットは、
毎日、同じ摂取量を維持できること、手軽であること、
吸収率が高いことが挙げられます。

 

コラーゲンサプリメントは、
パウダー、ドリンク、タブレットなどさまざまな形状のサプリメントがあります。

 

ライフスタイルや好み、体調に合うものを選びましょう。

 

 

◆注射でのコラーゲン摂取方法
コラーゲンのサプリメントや食事での摂取では、
「腸から吸収→肝臓を経由→肌や骨へ」と体のあらゆる部分へ運ばれます。

 

つまり、思った部分に運ばれません。

 

ところが、コラーゲン注射であれば、改善したい部分へ直接届けることができます。

 

そのため、非常に即効性があり、すぐに効果を実感できます。

 

また、コラーゲンの効果も長く続き、半年〜1年半くらい持続します。

 

ただ、メリットばかりではなく、
ある程度のリスクも伴うので注意が必要です。

 

 

この中で、安全な方法として、
食事やサプリメントでの摂取をオススメします。

 

 

また、コラーゲンの摂取方法には、ちょっとしたポイントがあります。

 

 

まず、コラーゲンの摂取方法で重要なのは、
一日に必要なタンパク質を十分に摂取してからコラーゲンを摂取することです。

 

 

コラーゲンを摂取しても一日に必要なタンパク質やアミノ酸が不足していれば、
コラーゲンを摂取したとしても、不足分の補填に使われてしまいます。

 

 

また、コラーゲンをは、糖分と一緒に摂取すると、
コラーゲンの合成を妨げるため、一緒に摂るのは控えましょう。

 

 

逆にビタミンCや鉄分には、コラーゲンの合成を助ける働きがあるため、
コラーゲンと一緒に摂取すると効果的です。

 

 

また、摂取するコラーゲンも低分子化したコラーゲンペプチドは吸収がよく、
より効果的だということもわかっています。